【コラム】下北沢MOSAiC 森本真一郎 「吹けば飛ぶよな男だが 第三回」

こんにちは。
下北沢MOSAiCの森本です。

毎日暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

えーMOSAiCは7月で丸14周年を迎えまして、8月から15周年目に突入しました。
アニバーサリー月間では、毎日濃いイベントが目白押しでしたが、なかでも7年目となる「白フェス」は、本当に沢山沢山沢山の方々にご来場いただき、過去最高の盛り上がりを見せたと言っても過言ではありません。
それぐらいとっても素敵な三日間でした。

しかし7年前に初めて開催したときは、こんなフリーフェスが7年後にも浸透していて、そしてこんなにも愛されているなんて、夢にも思いませんでした。
MOSAiCにとって、それぐらい大事なイベントになったんだと思います。
本当にありがとうございます!!

フリーにすればお客さんが沢山来ていただけるというわけではないし、バンド数が多ければ多いほど盛り上がるというわけではない。
やはりライブハウススタッフの肌感覚や直感、アーティストさんとの信頼関係がモノを言うイベントだなーとつくづく思いました。
まさに継続は力なりですよ。
竹内力(チカラ)なりですよ。

あ、それは力(リキ)ですね。

それにしてもMOSAiCのスタッフも長丁場お疲れ様でしたですよ。
来年はもう少し組数も減らしてコンパクトにやれたらと思ってます!(毎年そう言ってるのですが…)

夏が過ぎたら、次は11月のKNOCKOUT FESですね。
日々のイベント制作も鼻息荒くまだまだ頑張って行かないといけません。
その延長に、サーキットフェス。
先日第1弾ラインナップを発表しました。
もうドキドキです。
でもこのドキドキ感が意外と好きなのかも知れない。

そう、イベント制作って、ちょっとMっ気がないとダメなのかもしれない。
”ベッドの上では最近Mなんですよー”って昔よく言ってたな…

KNOCKOUTが終わったら、もう年末カウントダウン。
年越しをしたら、そのままバタバタと実家の大阪へ。
あ、お墓の管理費まだ払ってなかった…。

年明けは毎年恒例ですが、MOSAiCのお店の前にお清めの酒を撒いて、また一年の始まり。
そんな感じですね。

いったいどこへ向かってるのか。
一緒に走ったバンドもやめていく者もいるし、でもまた新しい出会いがたくさんある。
野球の監督みたいやね。
1軍が引退して、また2軍から1軍に上がって、そして活躍してやめていく。
もしくは手の届かないところへ行っちゃう。
いろいろある。

そんなこんなで、見えないゴールに向かってマラソンしてる感覚ですが、これが好きなんやと思う。
つまりライブハウスってそういう感じかな?

どう?君も一緒にマラソンせえへん?

拝。

▶プロフィール
森本真一郎(もりもとしんいちろう)
下北沢ライブハウスMOSAiC 店長
1978年10月7日生まれ B型
兵庫県出身 関西育ち