春ねむり、映画主題歌 「kick in the world」リリース決定 。7月に自主企画『Déconstruction』開催

春ねむりが、8月29日にニュー・シングル「kick in the world」をリリースする。

本作は、映画祭「MOOSIC LAB 2017」の出品作品「; the eternal / spring」に主題歌として書き下ろした楽曲。

起伏の激しい音像から放たれる激しいエネルギー、彼女の持ち味となるメロディーを極限まで排しながら詩としても成り立つリリックが、ファンからの人気も高く、既にライブ定番曲として会場が沸きあがるキラーチューンとなっている。

先着購入者特典として、映画「; the eternal / spring」が、オンライン上で完全版として閲覧できるコード付きのミニパンフレットが付属する。

また、夏から“脱構築”の意味を持つ自主企画「Déconstruction」がスタート。第1弾は7月27日(金)に東京・新宿NINE SPICESにて行われる。

さらに秋には、東名阪リリースツアーも予定されている。詳細は後日発表となるので楽しみに待とう。

▶リリース情報
春ねむり
2nd Single「kick in the world」
2018年8月29日
価格:¥1,000+税
TO3S-0005 / TO3S RECORDS
(全4曲収録)
※タワーレコード 渋谷店・新宿店・名古屋パルコ店・名古屋近鉄パッセ店・梅田NU茶屋町店・難波店・梅田マルビル店・オンライン限定

▶イベント情報
春ねむりpre.「Déconstruction vol.1」
【日程】2018年7月27日
【会場】東京 新宿NINE SPICES
【出演】春ねむり / Teenager Kick Ass / くだらない1日 / Black Blank

▶関連リンク
春ねむり HP