鈴木実貴子ズ、全身を触られるMV「音楽やめたい」を公開。それでも世界が続くなら篠塚よりコメントも

名古屋にライブハウス鑪ら場をオープンさせ、DIYな姿勢で本物と呼ばれるシンガーソングライター・鈴木実貴子率いる、鈴木実貴子ズが、7月4日にリリースする1st Single『平成が終わる/音楽やめたい』より、先行ミュージックビデオ「音楽やめたい」を公開した。

本作は、公園で寝ていたボーカルの鈴木実貴子が、起きて歌いながら歩き始めるが、誰ともわからない無数の手が全身に触れ、歌うのを妨害されるが、「うるさいな」とその手を掻き分けて歌い続ける、鈴木実貴子の戦いながら生きる姿をリアルに描かれている。

また、盟友のそれでも世界が続くなら篠塚将行よりコメントが届いている。


篠塚将行(それでも世界が続くなら) コメント
音楽やめたい、という気持ちすら、音楽になってしまった。
悪意のない悪意、9V電池、ダメだったライブ、鳴らないギター、人間関係の摩擦。
これは、それでも歌い続ける人間の、音楽です。

▶リリース情報
鈴木実貴子ズ
『平成が終わる/音楽やめたい』
2018年7月4日
価格:¥1,200+税
LFRR-0008 / Low-Fi Records
(収録曲)
1.平成が終わる
2.音楽やめたい
3.トップバリュー

▶関連リンク
鈴木実貴子ズ HP